【公式】リファブレン、アルツハイマー病、認知症を予防するサプリ

生活習慣や食習慣の乱れによって、
深刻な認知症になって、介護なしには生活できない人が大勢います。
なるべく元気で過ごせるように脳を活性化してくれる
サプリメントで記憶力や集中力を鍛えておきたいですね。

サプリメントは薬ではないので、物忘れがかならず治るわけではありませんし、
飲んだからといって、すぐに記憶力が高まるわけでもありません。
長く飲み続けられそうなものを選んで、生活に取り入れるといいでしょう。
なるべくなら食事から栄養をとっていきたいところですが、
忙しい生活の中で毎日バランスのよい食事をとるのは、なかなか難しいものです。
そんな時は、サプリメントを活用しましょう。

 

>>>>物忘れサプリ・2016年2月人気ランキング一位を確認する>>>>LIFABLEN(リファブレン)

 

物忘れに、効果のある成分には、以下のようなものがあります。

イチョウ葉エキス
イチョウ葉エキスが持つ抗酸化作用が脳の組織が受けたダメージの回復に役立ち、脳細胞の老化を防いでくれます。
フラボノイドとテルペンラクトンという成分が、脳の血行をよくし、集中力や記憶力の低下を改善してくれます。

フェルラ酸
米ぬかに含まれる天然ポリフェノールで、
他のポリフェノールよりも体内の吸収率が非常に高いと言われ、
アミロイドβの蓄積を防ぎます。
アルツハイマー型認知症の治療に使うお医者さんもいます。

アマニ油
体内で生成する事ができないオメガ3系の不飽和脂肪酸が豊富で
オメガ3脂肪酸が脳神経の働きをよくしてくれます。
血流の促進や、悪玉コレステロールを減らす効果もあります。

DHA、EPA
青魚に多く含まれるDHA・EPAの成分は集中力や記憶力に関わるといわれています。
魚に多く含まれている成分で、脳の神経組織を発達させたり、脳の機能を維持する役割があります。

酵素分解低分子レシチン(K・リゾレシチン)
神経細胞間のつながりをよくし、情報伝達力をアップさせます。
低分子の油溶性であり、体内での消化、吸収を良くしたもので、脳の血管脳関門を通過し、すぐに効果が表れやすく開発されたレシチンです。

ジオスゲニン
成分の名称だけを見るとあまり馴染みがありませんが、その原料は私たちにとって身近な食材である山芋になります。山芋は滋養強壮やスタミナ、体力の向上などに効果があるとされてきました。
ジオスゲニンという成分に、脳の若返りに効果があることが発表され、NHKや大手全国紙などで取り上げられました。

ウコン
クルクミンという成分が、アルツハイマー型認知症の原因となるアミロイドβ(異常たんぱく質)の蓄積を防ぎます。
ウコンはカレーに含まれますが、いつもカレーを食べているインド人のアルツハイマー率が低いというデータもあります。

プラズマローゲン
脳細胞や神経細胞をコントロールする重要な役割を担っていて、アルツハイマー患者の脳や血中でプラズマローゲンが低下しているとの研究が発表されています。このことから、プラズマローゲンを補給することがアルツハイマー型認知症の予防になるとの期待が高まっています。

GABA
正式名称は「ガンマ-アミノ酪酸」、アミノ酸の一種ですが、
たんぱく質を形作っている18種類のアミノ酸とは異なり、
脳内の血流をよくし、脳細胞の代謝機能を高める働きがあります。

トリゴネリン
コーヒーの生豆に含まれています。
トリゴネリン (trigonelline) とは多くの植物に含まれるピリジン環を持つアルカロイドの一種で、1-メチルピリジン-1-イウム-3-カルボキシラートのこと。
脳の神経細胞を活発にしてくれ、学習能力や記憶力を高めるといわれています。

ガングリオシド
脳神経細胞の再生・修復をする効果があります。
母乳に含まれ乳児脳機能形成に重要な働きを担っており脳の神経細胞ネットワーク形成や、記憶メカニズムに深い関わりを持っていると言われている注目の成分で、
情報伝達スピードをアップさせ、記憶力の向上にも役立ちます。

ビタミンB12
末梢神経障害や貧血、眼精疲労などの治療に用いられてきましたが、認知症の症状への効果も注目されています。例えば認知症患者の血中ビタミンB12は、通常の人より少ないというデータがあり、いわゆるボケ症状などの精神障害が軽減されるという結果が出ています。脳細胞が萎縮してしまうアルツハイマー型認知症においても、ビタミンB12は脳細胞を生成するためのタンパク合成・核酸合成を促進する働きがあり、発症したときの治療的効果に期待がもてます。

そのほか、ビタミンA、C、Eや、
亜鉛なども、脳の働きをサポートしてくれる栄養素です。

 

>>>>物忘れサプリ・2016年2月人気ランキング一位を確認する>>>>LIFABLEN(リファブレン)

 

老化が原因で起こる「物忘れ」は、行為の一部や事柄の一部を忘れるのに対して、認知症による物忘れは、体験したこと自体を忘れ、物忘れをしている自覚がないのが特徴です。忘れる度合も徐々にひどくなります。
認知症はかつて医学用語でも「痴呆症」と呼ばれていました。
しかし、「痴」、「呆」というあまりに人を差別する漢字を当てられていたため、
抗議もあり現在の「認知症」という名前に医学、学術的にも変更されました。
しかし、症状自体が変わったわけではありません。
物忘れがひどい、と感じている場合、
もしかするとアルツハイマー病の前段階であるMCI(軽度認知障害)かもしれません。
MCIの段階で早期発見ができれば、治療効果・発症の遅延効果が高いとされています。
国立長寿医療研究センター(愛知県大府市)が開発したプログラムは、
有酸素運動をしながら、同時に脳に負荷をかけるプログラムです。
MCI(軽度認知障害)の人を対象に、
研究として1年間プログラムを実施してもらったところ記憶力の向上や海馬の萎縮を改善する効果が得られました。
認知症の記憶障害は、加齢に伴う脳の酸化による記憶力の低下や、血管障害や脳の変性による認知症などが主な原因です。特に記憶を司る「脳海馬」の酸化は加齢によるものが多く、改善できる見込みが高いと言われています。
しかし、「血液脳関門」があり「脳海馬」まで到達する抗酸化物質は 少ない状態でした

物忘れは認知症だけではなく、うつ病などの精神疾患でみられることがあります。
また器質的疾患(脳梗塞、脳腫瘍、水頭症など)でも物忘れが見られることがあります。
物忘れを単に「年だから」と片付けないで原因を調べ、必要があれば早期治療を開始することが重要です。
「最近物忘れがあって気になる」がどうしたらよいのかわからない、仕事が忙しくて診察に時間をかけたくない、という方のために、メンタルクリニック、
精神科病院や総合病院あるいは診療所等の医療機関でも、もの忘れ外来を開設している所を多くみかけるようになりました。そして、今では一般にも「もの忘れ外来」が認知症を診る専門の外来と認知され、地域の認知症医療に貢献しています。その他に「メモリークリニック」「認知症外来」などの名称を使っている施設もありますが、診療内容には変わりありません。
人間は高齢になれば誰にでも物忘れは、みられるものです。これは自然なことです。
物忘れの原因には様々なケースがあります。加齢による物忘れであれば自然な現象で心配はありませんが、くも膜下出血や認知症などによる病気からの物忘れの場合もあります。その場合、早期発見、早期治療が重要になってきます。認知症による物忘れとなると注意が必要で、早期発見は最善の解決方法に繋がります。最近では完治が難しい認知症でも進行を遅らせることも可能ですので、ご自身やご家族が少しでもおかしいと感じたら検査をすることをおススメします。

外来に行ってからでも、最初から医師の診察がある場合や、 まずソーシャルワーカーや心理士などが、事前に詳しく経緯を尋ねる場合などさまざまです。 外来内容も、医学的な診断に限ってのサービスから、介護保険制度の利用の仕方、場合によっては地域福祉権利擁護事業や成年後見制度の利用の仕方などの相談にものっていただけるところもあります。
クリニックによっては、
認知症の専門医が診察にあたり、臨床心理士による詳細な心理検査や提携医療機関でのMRI、脳血流SPECTなどの画像診断機器を用いて質の高い診断を行っています。
気になる方を対象に専門医が診断・治療に当たってくれます。
物忘れには、年相応の生理的なものから、認知症などの病気が原因で物忘れが急速に進む場合があります。

心理検査では脳の機能でどういった働きが苦手になってきているかを見つけ出します。画像診断ではMRIで脳の萎縮の程度をコンピューターによって解析し、脳血流SPECTで疾患ごとに異なる脳血流の低下パターンをコンピューターで解析することにより、正確な診断に結びつけています。

脳は生まれてから20歳ごろまでどんどん発達しますが、20歳を超えると発達は止まってしまいます。そして発達が止まった脳は、年と共に少しずつ小さくなっていき、認知機能も徐々に低下していきます。ただ、物事を理解したり判断したりする機能は、80歳くらいまで低下はしないとされています。

認知症の原因となる病気は様々です。最も有名で症例も多い「アルツハイマー型認知症」のほか、最近注目されている「レビー小体型認知症」、比較的症例が少ないものの介護での問題が生じやすい「ピック病」とも呼ばれる「前頭側頭葉変性症」やかつて日本で最も多いと言われた「脳血管性認知症」などがあります。
アルツハイマーは「脳の糖尿病」とも呼ばれる病気で、普段からの心がけで予防することは十分可能なのです。
もし発症してしまったとしても、症状の進行を最小限で食い止めることができ、 家族に迷惑をかけるまでは至らないケースも多いのです。
認知症を引き起こす原因として最も多い疾病が、アルツハイマー病。脳内の神経細胞が急激に減り、脳が委縮することで高度の認知障害や知能低下、人格の崩壊などを引き起こすのです。発症の原因は諸説あるが、未だに明らかにされておらず、予防や治療の方法も確立されていないのです。

基本的には生活習慣病を防ぐのと同じようなことを心がけていれば、自然とアルツハイマー予防にもつながってきます。アルツハイマーの原因の一つである脳内物質βアミロイドに変化が起こり始める40代~50代の方は、一度普段の生活を見直してみましょう。
βアミロイドが脳に蓄積してしまう原因は、加齢、遺伝、生活習慣や環境など複合的な理由があると言われています。そのうち、高血圧や糖尿病はアルツハイマーと高い関連性があることが、近年の研究でわかってきています。
アルツハイマーは診断される25年も前から、脳脊髄液内のβアミロイド濃度の低下が始まっています。その後10年ほどでβアミロイドの沈着と委縮が始まり、そこから5年経つと脳代謝や記憶力の低下、さらに5年経過して認知機能が低下しだします。

最新の研究では、生活習慣がアルツハイマー病の発症に大きく影響することがわかっています。
多くの研究者が食事療法の考案に取り組んでおり、その食事療法が認知症・脳卒中・心臓病の3つのリスクを同時に引き下げる可能性も期待されているのです。

アルツハイマーを予防する成分として知られているのは、「DHA」と「EPA」です。魚の脂に含まれる成分で、特にサンマやサバ、イワシなどといった青魚の目の裏側に多く含まれています。
この「DHA」と「EPA」には認知症を改善する効果が認められており、適切な量を摂取することによって、初期のアルツハイマーであれば進行を止めることができるとも言われています。
若年性認知症は、女性よりも男性がなりやすい認知症です。
発症年齢は平均51歳といわれて、圧倒的に多いのが脳血管性型とアルツハイマー型の2つです。
中には、アルコール性の認知症もあります。

「現在こうすれば認知症にならない」という方法はありません。しかし最近の研究から「どうすれば認知症になりにくいか」ということが少しずつわかってきました。
頭を使っているとぼけない、とは昔からよく言われています。ぼけない人たちをみて私たちが経験的にそう感じてきたのでしょうか。そのことを科学的に裏付けるような調査研究はずいぶんと増えてきています。高齢者の場合、頭を使っているかどうかは、日常生活の中の余暇の過ごし方で決まります。
「物忘れ」は、加齢によるもののほか、 アルツハイマー型認知症、脳血管性認知症、うつ病、 甲状腺機能低下症、せん妄などの病気からくるものもあり原因は様々です。
アルツハイマー患者の脳内では、情報伝達物質である「ニューロン」の機能低下が見られます。機能低下の原因は、「神経原線維変化」と呼ばれる現象です。脳の「海馬」が萎縮し、記憶力の低下が始まります。萎縮が進んでいくと記憶力の低下だけでなく、全身の機能低下も起こります。

神経細胞の中に繊維のようなものが出現し、神経細胞内のニューロンの移動が妨げられます。すると脳内の情報伝達ができなくなり、脳は徐々に委縮していきます。最終的には、ニューロン自体が死滅してしまうのです。

認知症を予防する対策は大きく分けて2種類で、日々認知症になりにくい生活習慣を行うものと、認知症で落ちる3つの能力を簡単なトレーニングで鍛えるものとがあります。これらを長く続けていくことで、認知症を発症せずにすごせたり、認知症になる時期を遅らせたりできる可能性が高まります。

 

 

 

 

http://www.lifablen.xyz/

リファブレン,lifablen,アルツハイマー病,認知症,予防,リファブレン,lifablen,アルツハイマー病,認知症,予防,リファブレン,lifablen,アルツハイマー病,認知症,予防,リファブレン,lifablen,アルツハイマー病,認知症,予防,リファブレン,lifablen,アルツハイマー病,認知症,予防,リファブレン,lifablen,アルツハイマー病,認知症,予防,リファブレン,lifablen,アルツハイマー病,認知症,予防,リファブレン,lifablen,アルツハイマー病,認知症,予防,リファブレン,lifablen,アルツハイマー病,認知症,予防,リファブレン,lifablen,アルツハイマー病,認知症,予防,リファブレン,lifablen,アルツハイマー病,認知症,予防,リファブレン,lifablen,アルツハイマー病,認知症,予防,リファブレン,lifablen,アルツハイマー病,認知症,予防,リファブレン,lifablen,アルツハイマー病,認知症,予防,リファブレン,lifablen,アルツハイマー病,認知症,予防,リファブレン,lifablen,アルツハイマー病,認知症,予防,リファブレン,lifablen,アルツハイマー病,認知症,予防,リファブレン,lifablen,アルツハイマー病,認知症,予防,リファブレン,lifablen,アルツハイマー病,認知症,予防,リファブレン,lifablen,アルツハイマー病,認知症,予防,リファブレン,lifablen,アルツハイマー病,認知症,予防,リファブレン,lifablen,アルツハイマー病,認知症,予防,リファブレン,lifablen,アルツハイマー病,認知症,予防,リファブレン,lifablen,アルツハイマー病,認知症,予防,リファブレン,lifablen,アルツハイマー病,認知症,予防,リファブレン,lifablen,アルツハイマー病,認知症,予防,リファブレン,lifablen,アルツハイマー病,認知症,予防,リファブレン,lifablen,アルツハイマー病,認知症,予防,リファブレン,lifablen,アルツハイマー病,認知症,予防,リファブレン,lifablen,アルツハイマー病,認知症,予防,リファブレン,lifablen,アルツハイマー病,認知症,予防,リファブレン,lifablen,アルツハイマー病,認知症,予防,リファブレン,lifablen,アルツハイマー病,認知症,予防,リファブレン,lifablen,アルツハイマー病,認知症,予防,リファブレン,lifablen,アルツハイマー病,認知症,予防,リファブレン,lifablen,アルツハイマー病,認知症,予防,リファブレン,lifablen,アルツハイマー病,認知症,予防,